東海FX学園

FXや趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 じわじわと買われて100円へとの動きを見せたドル円であったが、金融市場の悪化懸念は現在も根深く市場を支配していることには変わりなさそうな結果を残した。
 週末のドル、米株式市場は底堅い動きからは一変して軟調な推移となった。
 米第4四半期GDP(改定値)が-6.2%と、速報値の-5.4%から大幅に下方修正され、2月シカゴ購買部協会指数は34.2と事前予想(33.0)こそ上回ったが、結局は5ヶ月連続で好悪分岐的の「50」割れを記録し、また雇用統計への指針となる構成項目の「雇用指数」は26.2(前回 34.8)へと急減し、労働市場の悪化を露呈した。
 大きなニュースとして報道された米政府によるシティ救済(250億ドルを上限に政府保有優先株を普通株に転換)は株式市場の不安定さを対策で切り抜けるとの動きは評価されず、結果ドルや株式市場の押し上げには繋がる要因とは評価されなかった。
 今回の救済措置によって米政府はシティの筆頭株主となった。
 また米GEが四半期配当の減配(31セントから10セントへ引き下げ)を決定した事も株価を押し下げた。
 小生の相場観は1週間程度曲がる結果となったが、今後は戻りは新値を取りにいきそうな地合いを作った形となっており、ここからのドル売りは難しい場面と見ている。
 世界の政府による景気刺激対策や信用不安解消のための対策が早期に発表されるようになって底値は徐々にきりあがってきている。
 今後の日本企業の決算発表は悪化の予想が多いのは誰もが予想していることであろうが、政府の対策やコメントで相場にはブレーキが掛かりやすくなってきていることはポジションを持つ時の注意事項として一考しなければならない。
 ドルは押し目買いへと転換しつつあると見た。
 
スポンサーサイト
小生もこのところ何かと忙しく、今日のようにボックス圏での動きになっている為替相場環境では、
毎日のコメントは必要ないと思い控えてきた。

さて、今週の予想だが・・先日来予想していたように、やはりGMとクライスラーの再建計画が
再びクローズアップされて来たようだ。
この自動車大手二社の行方は、一旦両者とも会社更生法のもと精算させ、その後一つの会社
として更生し再スタートをきるしか無いと思われる。

それにしても、最近の為替相場は方向感をつかみにくい状況である。
米国では多額の米景気対策法案が可決されたが、経済の先行き不安は根強い。
G7でも、決めてとなるようなコメントはこれと言って出てきていない状況だ。

米国の景気指標の下振れ次第では円高が再び進み始める可能性がある。しかし、これも先日から
言ってるように、米$の下落は全般にクロスドル高となるため対円でのドル以外の通貨は大きく
下げる事はないと思っている。

 
17日・19日には、米国の製造業景気指数が発表され、日本では16日には国内総生産(GDP)が
、18・19日には日銀の金融政策決定会合が開かれる。
市場予想より下振れすれば、円売りにつながる可能性もあるので要注意すべし!!

【予想】
  ドル/円・・戻り売り継続
  その他クロス円は・・突っ込み買い
週末のNY市場は終始、ドル円が買われる展開となり流れ重視という展開である。
 予想通り株式市場はマイナス圏でいたものの市場の注目は、G7前のポジション調整が主だった動きとなった。
米下院本会議は景気対策法案可決に必要な賛成票を確保し、7870億ドルの景気対策法案を可決したとの報道で株式市場がマイナスを縮小する場面もみられたが、為替に対する影響は限定的であった。
 どちらにしても、ここ最近の各国の景気対策発表には耳慣れした感が有るだけに市況への影響は
限られるものとなっている。

 全体的にほぼ高値近辺でのクローズとなった。
 ユーロ円は続伸し、前日比1円40銭円安・ユーロ高の1ユーロ=118円45-55銭で取引を終えた。
 これといった新しい材料はないような気が・・・

生徒諸君、注意せよ! 世界中の【火種という風船】がかなり膨らんで来ている!
その中の一つにでも火がつけば、今のG8はもちろんG20でさえ対応できる体力は残ってい
ないのだ。

『FX予想』
 クロス円・・・・・・・戻り売り 継続
 ユーロ/ドル・・・・ユーロ買い、ドル売り
 オージー/ドル・・ オージー買い、ドル売り
本日は全般的に対クロスドル・クロス円が買われている。
理由はガイトナー米財務長官が本日予定していた金融再生プログラムの発表を明日に延期
したことや、ユーロをはじめ各国の政策金利が一段と引き下げられる可能性が高くなってきたこと
によるものだ。

日本国内は3月決算を控え、企業の業績悪化が顕著であり日経平均株価は再び8,000円を
割り込んだ・・・ここ数日間の円安は企業業績悪化を反映した円安であるが、これは一時的なもの
として捕えておく必要がある。
なぜなら、為替市場に限らず米国経済全般の数値が実体経済とかけ離れているからで、近い将来
実体経済に比例した数値に訂正され一段安があると考えるからだ。

トレンド的にはもう一段のクロス円高があってもおかしくは無いが、所詮はいい売り場を提供する事に
なるだけの事だと判断する。

【予想】
先日の予想通り・・ユーロドル・オージードルでユーロの買いオージーの買いを推奨しておいたが
やはりクロス円・クロスドルは買われてしまった。
しかし、ここは一旦利食い場面。クロス円売りで仕掛けてみたい!
米国オバマ政権発足から18日が過ぎ、期待感が強かっただけに思うような対策効果が上がって
こない状況である。それどころか、公表される企業業績は悪い発表ばかりが目につく日々が多く
不安が増すばかりだ。

先日は、銀行の不良債権買い取り案であるバッドバンク構想が議会にて審議されてる訳だが
不良債権の算定方法が定かでないのが議会の不安を誘っている。
そしてさらに、新しいバイアメリカン(貿易保護主義)条項が問題となっている。

もし、この法案が成立するようであれば過去の世界大戦を引き起こしたことと同じことが
繰り返されることに成り、アメリカの貿易相手国との報復合戦になったらどうなることか・・。
オバマ政権の手腕を問われる最初の関門が来ているように思える。

ここ数日の為替市況はそんな不安はどこ吹く風のごとくであるが、このような状況では、
いたずらに時間をかけるだけその反動がいずれ出てくることとなりかねない。

【解説】・・クロス円、戻り売り継続
さて、本日は目白押しの経済情報が有るだけに、前半は期待感から買い気配で始まったが、
その後力無く推移している。

BOE(英中銀)政策金利は0.5%引き下げの 1.00%で、1.00%引き下げを期待してただけに
幾ばくかの失望感も出ている。
後は、 21:45発表の ECB(欧州中銀)政策金利 と米国の新規失業保険申請件数発表であるが
これとて予想と大きな違いはないだろう。

どちらにしても、ここ最近の各国の景気対策発表には耳慣れした感が有るだけに市況への影響は
限られるものとなっている。
それだけに、イランと北朝鮮の動きに大きな変化が有れば大きなインパクトを与える事になる。

クロス円全般・・戻り売り継続!!
昨夜はちょっと寝のつもりが、そのまま朝までということで、FXコメントを簡単にしてしまった。
別段、特別な動きが無かっただけに安心というところだが、そう楽観視する訳にもいかない
かも知れない。

なぜなら、嵐の前の静けさ・・という感じがするのだ!
大相撲ではないが、各国政府の様々な景気対策と実体経済の急激な衰退とが「がっぷりよつ」
に組んでいてどちらが勝つか世界が固唾をのんで見守っている。

さらに、アメリカもいよいよ舐められてきている様だ?
イランの衛星打ち上げと北朝鮮のミサイル発射準備は単なる偶然と見ていいのか?
種類は違うといえロケットという土台は変わりない。
同盟関係に有る国同士であるだけに気になるところだ。
そして、先日のイランとパレスチナ首脳の会談もこの時期だけに妙に気になる。

これは、米国のオバマ政権に対する挑発と見るのだが、そう思うのは小生だけであろうか?
万一、どちらかの火薬に火がつくような事になれば、一層の金融不安を誘発する事になる。

諸君、注意せよ! 世界中の【火種という風船】がかなり膨らんで来ている!
その中の一つにでも火がつけば、今のG8はもちろんG20でさえ対応できる体力は残ってい
ないのだ。

『FX予想』
 クロス円・・・・・・・戻り売り 継続
 ユーロ/ドル・・・・ユーロ買い、ドル売り
 オージー/ドル・・ オージー買い、ドル売り

 東京株式市場日経平均株価は前日比11.3円安の7862.95円で寄り付いたが、Ny時間に発表された米経済指標が弱かった事を受けてNYダウ続落したため、日経平均も寄付きから輸出関連を中心に売られて始まった。
 ドルは一旦戻り気配となりましたが、上値に抵抗がある動きのようです。
 校長は昨日の世界の株価から判断してもまだまだドル売り継続と生徒には伝えておきたいが、少々気弱な心理も伝えておきたいですな。
さて、今週はどんな動きになるか、各国の注目すべき経済指標発表が目白押しだけに、
気の抜けない一週間に成りそうだ。中でも米国の雇用統計に注目される。

オバマ政権のバッドバンク構想がどうなるか、単に不良債権を買い取るというが、不良債権の
算出が難しく・・また、米国の不良債権総額は4兆ドルとも5兆ドル(360~450兆円)とも
云われているだけに今後の対策が注目される。
また、週明けの金融安定化政策案の内容にも注目していきたい。

さらにもう一つ、日本に近い隣国・・韓国と北朝鮮の間できな臭い動きとなっている。
よもや戦争にまで発展することはないと思うが万一ということもある。
北朝鮮の韓国に対する威嚇でミサイルでも発射するようなことが有れば瞬間的に円安となるから
注意!!

【予想】  クロス円・・戻り売り継続
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。