東海FX学園

FXや趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 週末にオバマ米大統領は、ホワイトハウスで大手金融機関の幹部らと会談し、発表によると、シティグループやゴールドマン・サックスなどのトップ15人が参加し、ガイトナー米財務長官も同席したとのことだが、株価は依然下落傾向にあってその中心が金融関係にあるためなんらかの対策をこれによって打ち出してくる可能性があると私は見ている。
 週明けのドルは買い先行と一応言いたいが、株価が下落してくると一旦売りを織り込むまでは買いは見送りたい。
 実際、週末のドルはNYダウの下落から若干ドル売りが優勢となって98円台を維持しきれずに下落し97円台後半で引けた。
 ユーロは対ドルで軟調となっており、対円でも大きく値を戻すことなく130円台での推移となった。
 ポンドはそのユーロに対して軟調となっており、対円でも140円台を何とか維持したものの今後も軟調地合いとなりそうな雰囲気を残しているためだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokaifx.blog53.fc2.com/tb.php/24-ff6b14ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。