東海FX学園

FXや趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安だった週明だが、英国バークレイズ銀行の決算が予想に反してプラスであったことから、
欧州市場に漂っていた不安が打ち消され世界的に金融商品全般がが持ち直す値動きとなって
いた。さらに、独IFO景気指数も僅かであるが改善発表されユーロも落ち着きを示している。

しかし、世界的に株式や債権市場も落ち着いてはいるが、実体経済の下降トレンドは継続気味
であり、以前として長期化する模様を呈していることを忘れてはならない。
そういう意味では、週明け戻りぎみだあった株式・為替とも今日辺りからいい売り場提供となる
可能性を秘めている。

目先は28日のFOMC会合が注目されるし、中国の外貨準備をユーロに切り替える動きが本格化
する動きが出てきたのも要注意だ。

コモディティーは『金・900ドル、原油・46ドル』とこちらも落ち着き気味で推移していたが今日辺り
から値を崩す恐れがある・・。

「目先予想」
米$・・・戻り売り
€  ・・・戻り売り
£  ・・・戻り売り
AU$ ・・コモディティーの動きから判断して、突っ込みは買ってみたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokaifx.blog53.fc2.com/tb.php/6-ca267587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。