東海FX学園

FXや趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州・米国市場ともクロス円の全体的弱含みで週末を迎えている。今週は結局行ってこいの
値動きで終わりそうだ。
米商務省のGDP発表は予想より良かったが、新築一戸建て住宅の販売件数は前月比14.7%
減少で、市況には影響せずというところ・・・結局は、世界的に弱気材料となるニュースばかりが
津波の如く押し寄せてくるばかりである。

それにしても不思議なのは、投資家の心理だ!
弱気材料に飽きが来たのか、または慣れてしまったのか・・・それとも、ここから売るのが怖いのか?
市場人気は買い場探しのムードである。・・・私はまだ時期早々のような気がするが。

【注目すべき視点として・・】
中国経済のダウンは他国と共通のことであるが、ブラジルとの経済的結びつきが強くなって
きている。資源国ブラジルとの関係強化ということになれば、鉱業資源の確保が容易になり、
中国の経済ダウンに歯止めがかかってくる。
中国は円換算で200兆円近いの国家資産を保有していることを考えると、中国の動きが
世界経済のダウンを食い止める一筋の光になるかも知れない。
しかるに、何度も言うが・・中国の動きには目をそらさないことだ!

「市況予想」
  クロス円、戻り売り継続!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokaifx.blog53.fc2.com/tb.php/9-573b16c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。