東海FX学園

FXや趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社グルーヴライフ
名古屋 ルーセントタワー40Fにあります。
HPアドレス http://info1911.web.officelive.com/default.aspx
株式会社 グルーヴライフ
(東海財務局適格機関投資家等特例業務届出者)  
金融庁 適格機関投資家特例業務届出を確認
注意 
H21年3月現在51ページですが、届出業者等の抹消新規登録によって変動します。
〒451-6040
       名古屋市西区牛島町6-1
       名古屋 ルーセントタワー40F
TEL 052-569-4743
FAX 052-569-4745              Mail: info@groovelife.jp


 私たちをとりまく日本の社会構造や経済環境、金融市場は大変大きな変化を起こしております。
 少子化問題に始まり、高齢化の進行、年金問題、日銀の低金利政策等、様々な問題に直面しております。
 その中で、私たちの『お金』に対する認識も大きく変化してきました。
 それまでの私たちのお金は『貯める』ものであり、お金を預けている郵便局や銀行は安全な金庫の代わりとなっていました。
 1990年代初頭のバブル崩壊により、銀行の「安全神話」が崩れ、その結果「失われた10年」とも呼ばれる深刻なデフレをもたらし、その結果、私たちは『個人の資産は個人で守らなければならない』事を知りました。
 政府も個人のお金に対して『貯蓄から投資』へ向かうように勧めており、そういった流れの変化が近年顕著に現れてきました。
 個人の国債保有は毎年ほぼコンスタントに伸び、株式投資や投資信託は昨年頃から急激に伸びが大きくなってきております。
 私たちの資産は、貯めておく時代から運用する時代へと変化しました。
 つまり個人も「資産運用」が必須の時代になってきているのです。
 そこで弊社では、独自のシステムにより、お客様の資産運用及び資産形成をより強固なものになるよう、バックアップさせて頂いております。
 近年、当たり前になりつつある、国内外を対象とした優良な資産運用の情報のご案内。
 又、弊社が厳選し調査を致しましたハイグレードな情報とサービスをご提供していく所存でございます。
 『私どもはお客様の未来を大切にします』 ・・・この信念を持って、積極的な事業展開を行ってまいります。



FX



グルーヴライフ
 週末にオバマ米大統領は、ホワイトハウスで大手金融機関の幹部らと会談し、発表によると、シティグループやゴールドマン・サックスなどのトップ15人が参加し、ガイトナー米財務長官も同席したとのことだが、株価は依然下落傾向にあってその中心が金融関係にあるためなんらかの対策をこれによって打ち出してくる可能性があると私は見ている。
 週明けのドルは買い先行と一応言いたいが、株価が下落してくると一旦売りを織り込むまでは買いは見送りたい。
 実際、週末のドルはNYダウの下落から若干ドル売りが優勢となって98円台を維持しきれずに下落し97円台後半で引けた。
 ユーロは対ドルで軟調となっており、対円でも大きく値を戻すことなく130円台での推移となった。
 ポンドはそのユーロに対して軟調となっており、対円でも140円台を何とか維持したものの今後も軟調地合いとなりそうな雰囲気を残しているためだ。
株式会社グルーヴライフ
名古屋 ルーセントタワー40Fにあります。
HPアドレスhttp://info1911.web.officelive.com/default.aspx
株式会社 グルーヴライフ
(東海財務局適格機関投資家等特例業務届出者)  
金融庁 適格機関投資家特例業務届出を確認
注意 
H21年3月現在51ページですが、届出業者等の抹消新規登録によって変動します。
〒451-6040
       名古屋市西区牛島町6-1
       名古屋 ルーセントタワー40F

TEL 052-569-4743
FAX 052-569-4745              Mail: info@groovelife.jp


 私たちをとりまく日本の社会構造や経済環境、金融市場は大変大きな変化を起こしております。
 少子化問題に始まり、高齢化の進行、年金問題、日銀の低金利政策等、様々な問題に直面しております。
 その中で、私たちの『お金』に対する認識も大きく変化してきました。
 それまでの私たちのお金は『貯める』ものであり、お金を預けている郵便局や銀行は安全な金庫の代わりとなっていました。
 1990年代初頭のバブル崩壊により、銀行の「安全神話」が崩れ、その結果「失われた10年」とも呼ばれる深刻なデフレをもたらし、その結果、私たちは『個人の資産は個人で守らなければならない』事を知りました。
 政府も個人のお金に対して『貯蓄から投資』へ向かうように勧めており、そういった流れの変化が近年顕著に現れてきました。
 個人の国債保有は毎年ほぼコンスタントに伸び、株式投資や投資信託は昨年頃から急激に伸びが大きくなってきております。
 私たちの資産は、貯めておく時代から運用する時代へと変化しました。
 つまり個人も「資産運用」が必須の時代になってきているのです。
 そこで弊社では、独自のシステムにより、お客様の資産運用及び資産形成をより強固なものになるよう、バックアップさせて頂いております。
 近年、当たり前になりつつある、国内外を対象とした優良な資産運用の情報のご案内。
 又、弊社が厳選し調査を致しましたハイグレードな情報とサービスをご提供していく所存でございます。
 『私どもはお客様の未来を大切にします』 ・・・この信念を持って、積極的な事業展開を行ってまいります。



FX


グルーヴライフ
 週末のNY市場は流れを引き継ぎ、円売りに傾いて始まったが、1月の米貿易収支、ミシガン大学消費者信頼感指数などの米経済指標が相次いで発表されたものの市場への反応は限定的で狭いレンジでのもみ合いが続いた。
 また20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えて、様子見のムードが広がり方向性のない展開でした。
 しかしながらNYダウは、4日続伸し、53.92ドル高の7223.98ドルで引けて、ドル円は、98円付近。ユーロ円は、126.70円付近で引けた。
 
 校長の予想
 今後はG20とGMの問題で方向性のない展開を予想。
 どちらかといえば先々週までの動きとは違い、ドルは弱い材料に反応しやすいと見る。
 

 米国政府によるAIG支援は今回で4回目となったが、半導体販売も30%近く現象してきているが中国などの販売減が大きく影響し今後もあらゆる企業の経営悪化が改めて懸念され株価の下落に歯止めが掛からず、結果企業の資金調達におおきな影響を与えてきている。
 このところの株価の下落は更なる金融危機に突入する可能性を高めている。
 ただ、ドルは若干の逃げ道としてのニーズもあり、他の通貨とは一味違う動きとなっている。
 ポンドの下落が目立つ中でユーロは欧州時間に発表された消費者物価指数が1.2%と1999年以来の低水準を記録した事や、ハンガリーが提案した1800億ユーロ規模の東欧経済救済パッケージをEUが拒否した事が嫌気されこれも下落方向へと向いてきている。
 やはり3月特有の決算期相場の様相。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。